こころぐ

心が変われば人生が変わる

イケメンじゃなくてもイケメンに見える話し方

女性は男性のことを顔だけで見ているのではなくトータルでバランスで見ています。なので雰囲気とかしゃべり方とかでいくらでも印象を変えることはできます。イケメンではないけれどイケメン見える好印象な会話とはいったいどういったものかというと、さりげなくストレートにお礼や気持ちを言うことです。例えば、帰り際に「今日は本当に楽しかった。本当にありがとね」と重苦しくなくサラッと言うことで、好印象を与えることができます。


褒めると媚びるの違いとは

よく女性は褒めた方がよいといったことを聞いたことがある人もいるかもしれませんが、褒めるのと媚びるのとは全然違います。褒めなきゃいけないと思ってなんでもかんでも褒めようとすると、相手の女性も無理矢理褒めているのかな、社交辞令で褒めているのかな、っていうのがわかってしまうんですね。それがわかってしまった途端に、せっかく褒められても、気持ちが半減してしまったりします。褒めることはすごく大事なことですが、思ってもいないことをなんでもかんでも褒めたりするのは、悪手です。本当に思っていて褒めるのは良いですが、思ってもないのに褒めるのは媚びるになってしまうので、相手の良いところを見つけてあげて本心から褒めるようにしてみてあげてください。


女性が嫌う男性とは

男性は生物学的に自己顕示欲が強いがあります。それ自体は悪いことではありませんが、現代の女性が男性の自己顕示欲が強い部分を見たりすると「嫌だな」と感じたりすることがあるんですね。自分ではいけてると思っていても、女性からすると「うわ、なにこれ」って思うものがあります。それは持ち物です。
バッグとか靴とかもそうなのですが、その自己主張が強い人です。例えば、すごいデザイン性が高すぎる靴を履いていたり、モノトーンの服装にいきなり赤やオレンジの靴を履いていたりとか、オレンジ色のバッグを持っていたりとか、デザイン性が個性的すぎるものを持っていたりすると「あ、癖強そうだな」って思われたりするんですね。好きなものは好きで所有するのはかまわないのですが、お付き合いする前は、シンプルなものが女性受けが良いので覚えておいてください。



モテる男性の話の聞き方とは

よく話を聞いている時に相槌をうった方がいいって聞いたことがある人もいると思いますが、相槌はただうてばよいというものではありません。どういうふうにうてばよいかというと、相手の話をちゃんと聞き終わってから相槌をうつことです。相手の話を聞き終わるまえに相槌をうつと、相手は自分の話をさえぎられたように感じてしまうことがあります。なので、相手がちゃんと言い切ってから「うん」とか「そうだよね」と相槌をうってあげることを意識してみてください。



返信したくなるLINEとは

けっこう男性にありがちなのですが、男性はLINEになってしまうと一気に思っていることを伝えようとしがちです。あれも、これも、それもといった感じで、長文を送ってしまいがちです。一方、女性は長文を受け取るのが苦手な傾向にあります。女性がつい返信したくなるLINEは短文です。短文をポンと送れば短文がポンと返ってくる会話のようなイメージです。情報は少な目で、短い文章を心がけると、LINEの返信がくる確率は高まりますので、覚えておいてください。

モテる男性というのは帰り際につめ跡を残していくものです。デートの帰り際に、「ありがとう」と言って、握手をしてみましょう。握手だったら、よほどのことがない限り拒否する人はいません。「今日はありがとう」といって手を出されたら、「こちらこそありがとう」っていうふうに条件反射で手を出してしまうものです。握手したときに少しだけ握ると、相手にも余韻が残ったり、印象に残るので、強すぎない程度に軽く握りましょう。



モテない人は過剰に執着している

モテない人は必ずしもモテないというわけではありません。ただ、自分でモテるエリアに行っていないというだけだったり、だいたいの人は執着してる場合が多いです。執着というのは、例えば、いいなと思っている女性がいてお付き合いをしていないのに、アクションを起こさずにずっとそこに執着したり、過去付き合ってた女性を忘れることができずに、そこに執着していたり。お付き合いしていない女性に執着するというのは自分の想像に対しての執着で、過去の女性を忘れることができず執着してしまうのは、自分が達成できなかったことに対して執着しているといえます。したがって、あなたがモテないのではなく執着をほどかないから、モテるエリアに自分から行こうとしていないだけなんですね。ただ、それだけなんです。なので、あなたの執着、それって必要なのかよくよく考えて自分の心と向き合ってみて、この執着って必要ないなと思ったら、ぜひ執着心は捨て去っていただければ、モテない未来を変えることができるはずです。


イケメンでもモテない男性とは

イケメンはモテるって思う人が多いでしょうし、実際モテているイケメンがいることも事実ですが、でも女性は顔だけでは、最初はごまかすことができても、ごまかしきることは難しいです。最初だけなんですね。では、女性は男性の何を見ているかというと、男性の心なんです。なので、どれだけイケメンでも他人に横柄な態度をとったりとか、他人に冷たかったりする人は、モテないんですね。容姿というのは一過性のものに過ぎないんです。お年寄りや子供に優しくしている人というのを女性は見てますので、他人への気くばりや優しさ、それができる人というのは、どんなに容姿に自信がなくても最終的には女性はそういう人を選ぶ傾向にありますので、ぜひ周りの人に優しくしてあげてください。



モテない男性のうざいLINEとは

せっかく女性と接点を持とうとして意を決してLINEを送ったのに、女性から「うざい」と思われたら、すごく嫌だと思います。ではどういうLINEを送ったらうざいと思われてしまうかというと、何を話していいかわからないという男性にけっこうありがちなのが、相手の名前を呼ぶだけのLINEを送ってしまうことです。何か反応してもらいたくて送っているのはわかるのですが、送られた方の立場になってみると、突然名前だけ呼ばれても「で?」ってなってしまうわけです。名前だけ呼ばれた方はなんて返事していよいか困りますので、ちゃんと文章を入れるようにしてください。



モテない男性の言葉づかい

これはけっこう使いがちなんですが、嫌だなと感じる女性はたくさんいますし、言葉づかいは丁寧にした方が絶対に良いので気を付けていただきたいのですが、「クソ笑った」とか「クソ〇〇」とか「あいつクソ」など、あまり綺麗とはいえない男性同士ではよく使う言葉を、女性の中には暴力的だと感じたり、高圧的だと感じる人もいますので、汚い言葉は極力使わないようにしましょう。