こころぐ

心が変われば人生が変わる

女性が男性に求める条件を知るには

今日は女性が男性に求める条件について書いていきます。

好きな女性と会話をしている時に、絶対に聞いてもらいたいことがあります。それは「〇〇さんって男性に求める条件って何?」っていう質問をしてみてください。「3つあげるとしたら何?」というふうに聞いてみましょう。そうすると、3つ答えていただけると思います。そして、それを答え終わった後に、もう1つ聞いてもらいたい質問があります。「その条件に、しいて付け足すとしたら何が条件?」ともう1つ聞いてみましょう。その4つ目の答えが実際に女性が一番求めている条件です。

人によって異なるので、ぜひクイズ形式みたいな感じで聞いてもらえると、女性も答えやすいですし、あなたも女性が何を求めているのか聞くことができますのでぜひやってみてください。

モテる男性はこれを話している

会話が苦手だという男性は、あることが話せないことが多いです。だから、会話が続かなかったりとか、会話が途切れてしまったりとか、盛り上がらなかったりします。
では、そのあることとはいったい何かといいますと、「エピソード」です。
人間、日々生きているといろんなことが起こると思うのですが、「今日は何があった」とか、「あのとき何があった」とか、どこか行ったときに「自分がこう感じた」といったエピソードを話すことができると、女性はそのエピソードに共感したりとか、あなたのエピソードの話の中に自分も入っていって、あたかも自分も経験したかのように話を聞いたりするので、それで共感を得て、好意を持ってもらえることがあります。
なので、日々、いろんなことが起きていると思うんですけれども、「こんな話をしてもつまらないんじゃないか」と思わずに、何かエピソードがあれば、それを女性に話てみてあげるようにしてみてください。


女性をイライラさせてしまうモテない男性の行動

女性とLINEのやりとりなどをしていて、女性からも返事がくるといった状況のときに、女性がイラついてしまうときがあります。
それはいったいどういうときかというと、「LINEのやりとりはするのに誘わない」ときです。女性側にしてみれば、LINEが来たらきちんと返信するということはあなたのことが嫌ではない、あるいはもう少し知ってみたいという気持ちがあるからこそ返信があるわけです。だけれど、誘われなかったら、このLINEでやりとりしている時間は無駄なんじゃないか、会わなければ意味がないのではないか、と女性に思われてしまうときがあります。これは非常にもったいないことです。

やはり、基本的に女性は男性から誘ってほしいと思っていますので、LINEでのやりとりがスムーズにいっていて、そんなに遅れないで返信があるという状況が続いたときは、LINEでやりとりするだけでなく、食事などに誘って仲を深めていくようにしてみてください。断られても、返事が来るということはチャンスがあるはずなのでめげずに誘ってみましょう。


モテる男性とモテない男性の大きな差はここに出る

これは気づかいの問題ですが、モテる男性とモテない男性で大きな差がでることがあります。それはいったいどういう時かというと、女性が体調を崩したときなどに、大抵の男性はそのときには「大丈夫?」と聞いたりすると思います。ではモテる男とモテない男性の差は何かというと、モテる男性は、後日も「体調どう?」と聞いてあげたりします。そこで、「ずっと気づかってくれてるんだ」と、女性は思ってくれます。
一方、モテない男性は次の日、普通の話をしたりします。その日しか聞かれなかったら、全然気づかってくれなくて、その場だけで言ったんだと思われてしまう場合がありますので、必ず後日も体調を気づかってあげましょう。それだけで、好感度は上がりますので、ぜひ覚えておいてください。


確実に嫌われてしまうモテない男性がやりがちな言動

女性は男性の言動を男性が思っている以上によく見ていますし、聞いているものです。これをやっていると女性から嫌われてしまうということがあります。
それはいったい何かというと、人の悪口を言ったり、嫉妬したりすることです。
人の悪口を言ったりですとか、嫉妬をする人というのは、女性は嫌だと感じてしまい、「この人とは付き合わない方がいいな」と思ってしまうんですね。人として当たり前のことではあるのですが、気をつけないと、つい言ってしまったりとか、嫉妬してしまったりすることってあると思います。
嫉妬というのは、人間だからしてしまうことってあると思うのですが、誰しも必ず良いところはあるはずなので、他人と比べるのではなくて、自分の中で向上していく方が、女性にとっては魅力的にうつりますので、人と比較して嫉妬したり、悪口を言う時間があるのなら、自分を磨いたり、高めたりすることに時間を使うようにしましょう。